窓のリフォームをする場合のおさえるべきポイント
2021年4月12日

リノベーションの問題点

リノベーションは中古物件を購入して改修工事を行うことが一般的になりつつありますが、それでも新築物件を購入するよりも安くできるメリットがあります。経済性と快適性を両立できる方法として注目されていますが、問題点がないわけではないため慎重に計画することが大切です。物件の購入には住宅ローンを利用するのが一般的ですが、住宅ローンは不動産担保融資ですから、購入する不動産を担保にする場合には物件の価値によって融資額が決められる性質があります。新築物件の購入では価値が高いために融資額も高くなりますが、中古物件の場合には価値が低くなってしまうため融資額も低くなるのが基本です。

またリノベーション費用は低金利が魅力の住宅ローンの利用ができないため、金利が高くなってしまう傾向があります。中古物件の価格にもよりますが、物件購入で高額融資を受けてしまうとリノベーション費用のローンが組めないケースも出てきますので、資金計画は確実性の高い方法を検討することが大切です。物件の購入費用とリノベーション費用の両方をそれぞれのローンで利用すると、毎月の返済額の負担も大きくなってしまうため、一定のラインを決めて新築物件との比較を行う必要があります。リノベーションは購入後の工事となるため、完成するまでの住まいを確保しておく必要があります。

すぐには居住できませんので、綿密なスケジュール立てて計画的に進めていくことがポイントになってきます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です