窓のリフォームをする場合のおさえるべきポイント
2021年4月9日

リノベーションに適した物件

経済的に新しい環境が作れるリノベーションにはメリットが多いですが、物件によってはデメリットが目立つことがあります。物件選びが重要なポイントになってきますが、リノベーションに適した物件は耐用年数が長い物件となります。耐用年数が長いことは寿命が長いことを意味しますので、改修後も長く住むことが可能です。寿命の長い物件といえば鉄筋コンクリート造を採用するマンションがありますが、特にマンションが優れている点に構造体と内部に関係性が少ない点があります。

木造では柱や間仕切り壁の全てが強度を支える仕組みとなっていますが、マンションでは柱や梁、床板などコンクリートで作られる部分が強度を受け持つのが基本です。間仕切り壁を取り除いても強度に支障がありませんので、自由な設計プランを計画しやすいのが特徴です。マンションはリノベーションに適した物件となりますが、最適な築年数を見極めることが大切です。築15年以上経過した物件は安く購入できるようになりますので、改修費用を合わせても新築物件よりも経済的に済ませることが可能です。

築10年未満の物件は販売価格が高いために逆に割高になってしまう場合があります。また極端に古い場合には居住できる年数が短くなるため、経済性が悪くなってしまう場合があります。リノベーションは快適な環境を手に入れることが目的ですが、選ぶ理由の中には経済的に手に入れることができる点もあります。プランだけではなく経済性を見極めることもリノベーションには大切だと言えます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です