窓のリフォームをする場合のおさえるべきポイント
2021年3月15日

東京の風呂リフォームは性能によって製品を選びます

最近は浴槽などあらゆる面で性能が進化していますから、お風呂をリフォームする場合は色など外見以外に、どういう性能があるかを重視して選びます。浴槽やシャワーなどそれぞれごとに高性能化していますので、箇所別に重視する点を選択するのが基本です。東京ではいくつもの製品を並べて展示してあるところも多いですが、そういうところに行けば比較して選べますので、東京都内でお風呂のリフォームを考えている人には便利になります。まず浴槽で今注目されていますのが、繊維を強化したプラスチックを使ったものです。

この場合の繊維とはガラスの繊維であることが多くなります。プラスチックの中にガラスの成分を入れることで保温力は増大です。またこれなら軽いですし安全性もあります。腐食しないという性質もありますので、水に濡れる場所で使用するにも適していましてとても便利です。

浴槽のフタも二重や三重の層にして、あいだに空気やアルミの板などをはさんであるものが人気になっています。人工的に作った大理石製のものも外見が高級感があり、よく選ばれる製品です。シャワーでは金属でメッキしてあるものはきれいですから人気ですし、今では多くに節水機能が付いています。シャワー本体がそもそも節水型であるもののほか、手元にスイッチがあるものも効果的です。

シャワーは頻繁に水量を変えにくいのが普通ですが、これならすぐお湯を一回一回止められます。東京では電気代やガス代も多くかかりますから、保温材で外周をまけばそれだけ節約になりますが、浴槽だけでなくお風呂全体を保温材で覆うことも今では可能です。一台で換気から暖房まで行なえる機械をリフォームの際に設置すれば冷えたお風呂に入らなくてはならない心配もなくなりまして、安全面でも考慮ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です